てんたんのくらし

 09年4月~ 東北のとある町の「てんたん人形劇場」の記録。

蒲町おもちゃばこ保育園 人形劇上演

1/21 蒲町おもちゃばこ保育園で人形劇を上演してきました。

 

保育園のかべにこんな詩が貼ってありました。

 

すてきだなと思って職員さんに聞いてみました。

 

「いしっころ」

谷川俊太郎さんの詩だそうです。

 

繰り返し読みたくなりました。

 

f:id:tentanpt:20210122131420j:plain



人形劇を楽しみにしてくれていて、登園時から興味津々でチラチラ。

始まると、0歳児から5歳児までみんなよく見てくれました。

笑い転げて見ている子も。

職員の皆さんも喜んで見てくれました。

「丸くてツルツルだから乗れないんだよ」「え〜どうして」
「手でこうやって脱げばいいんだよ」
「温泉だよ」「おもちじゃない?」「石鹸だよ」「すぐ出ちゃったから茶色いんだよ」
「うんとこしょどっこいしょ」

いっぱいいっぱい表現してくれた子どもたちです。

クラスに戻るときに、年長さんはたったかの真似をして体を細かく揺らしながら嬉しそうに帰っていきました。

 

 

その通りと思った一言。 

 「真っ赤じゃないよオレンジだよ」

にんじんさんが長くお風呂に入りすぎて色が変わるシーン。

劇の中では「真っ赤よ」と表現されていますが、確かに人形の色はだいだい色、そうオレンジ。

 

誰かが言ったことでも、自分がそう思ったらそう表現できることも大事だよなぁ、そう思った言葉でした。

 

「裸の王様」と「王様の耳はロバの耳」のおはなしを思い出しました。

 

「 蒲町おもちゃばこ保育園の皆さん、ありがとうございました。」

 

 

f:id:tentanpt:20210122133800j:plain
f:id:tentanpt:20210122133810j:plain
子どもが好きそうな階段下の図書コーナー        手作り無添加の給食

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文化庁 2020年度 文化芸術による子供育成総合事業 - 芸術家の派遣事業 -
東日本大震災復興支援対応>プログラム