てんたんのくらし

 09年4月~ 東北のとある町の「てんたん人形劇場」の記録。

見飽きない石巻線 

石巻線が見える高台にいる。

こんなにゆっくり電車を見たこと、特に上から見たことがなかった。

コーナーを曲がる電車のラインを見て、生き物のように思った。

ミニチュアのように見える4両編成の電車を持って走らせたらおもしろいだろうな。

電車好きの人はきっと命を感んじる人もいるのだろうなぁ。

上り下りがいい感じで走ってくる。

色合いもいくつかあって、次は何が来る?と

中々見飽きない。

 

 

クワガタ

昨日は事務仕事をしていた。

夕方、二人で行くドライブを楽しみに。

 

行ったところは「県民の森」

30分もかからないところ。

きみどり色のちいさなはっぱががぽやぽやとなってきた森。

さくらもきれいだが、このぽやぽやが素敵。

 

走っていたら、小川があり、お父さんと二人のお子さんが遊んでいた。

子どもが大きいながぐつをはいて、小川に入り、川の端の草むらを足でがさがさとゆすりながら、下手側に網を構えている。

 

成果がこれ。

 

そして、お父さんのポケットからは

 

今日一日いっぱい遊んでいたんだろうなぁ。

素敵な親子との出会いでした。

2022/11/23 七ヶ宿 人形劇上演とおもちゃの時間

2022年11月23日
七ヶ宿活性化センターにて

上演してきました。

今日の上演作品は
「くまちゃんうさちゃんのつみき」

「ちゅうちゅう ことこと カタンカタン…」

そして

「おもちゃのじかん」!

 

人形劇では、

くまちゃんやうさちゃんに楽しそうに声をかけてくれる子たち。

「ちゅうちゅう」のピンチに声を合わせて応援してくれる子たち。

 

「おもちゃのじかん」でも楽しい子どもたち、親御さんらの姿がたくさん見られました。

 

 

ジュニアリーダーの活躍もありがたかったなぁ。

楽しい時間でした。

七ヶ宿の皆様、ありがとうございました。

 

 

2022/11/21 おむすび保育園 築館園 人形劇上演

今回訪れたのは、おむすび保育園 築館園
0〜3歳児の保育園です。

おむすび保育園のクラス名はおむすびの具の名前なのです。

写真のクラスは何クラス?

 

さて、

 今日も観劇してくれた子どもたちはいろんな姿を見せてくれました。

 登園時に泣いていた子どもが、人形劇ではとても大きな声を出して楽しんでいたのには先生たちも驚いていました。

 先生たち自身も楽しんでいただき、いつもとは違う子どもたちの声や表情も見ることができたと感想をくださいました。観るだけでなく主体的に自分自身を表現している子どもたちが素敵でした。

 

 劇の中で「さんかくの山」が出てくるのですが、2歳児クラスの子がそれを見て、両手の親指と人差し指を合わせて三角を作って楽しんでいたそうです。その子の中ではきっと大発見だったのかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文化庁令和4年度 文化芸術による子供育成推進事業 - 芸術家の派遣事業 -
東日本大震災復興支援対応>プログラム

2022/11/14 やまとみらい南光台東保育園 人形劇上演

毎朝、違う表情の朝。

眠いけど、朝焼けを観て目を覚ます。

 

11月14日 やまとみらい南光台東保育園、0~5歳児の皆さんに人形劇を観ていただきました。

↓こういう掲示を見ると保育園の子どもたち、親御さん、保育者さんたちみんなの協力があって人形劇ができるって、思います。

そして楽しい時間にしようって思う。

 

上演後、先生からいろいろ様子を教えていただきました。

子どもたちは、手拍子したり、人形に手を振ってくれたり、人形の真似をして踊ったり、笑ったり、いっぱい反応してくれました。

0歳児クラスの子どもたちも、50分間最初から最後までケラケラ声を出して楽しんでくれました。

大きい子どもたちも、「棒がついてるんだぜ」と言いながらも興味深く観てくれて、坂を登れない「たったか」に、「がんばって」「助走が足りない。緑の線まで下がって」なんて声をかけてくれました。

そうそう、保育者の皆さんも、楽しんでくれました。

 

 

これは中庭の「りすさん」

子どもたちから、お団子を作ってもらったり、砂のシャンプーをしてもらったりしているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文化庁令和4年度 文化芸術による子供育成推進事業 - 芸術家の派遣事業 -
東日本大震災復興支援対応>プログラム

2022/11/12 暮らしの市

11月12日 「暮らしの市」に出店してきました。

塩釜市杉村惇美術館にて開催された「暮らしの市」

木のおもちゃやアナログなおもちゃと遊べる人形などなどを販売しました。

全部ではないのですが、ふと気が付くと「かお」のあるおもちゃが多い。いい顔は遊び心を誘うのかなと思いました。

当日は売上は別にして、サンプルで楽しむ子どもたちでいっぱいでした。

おいしいものやすてきな手作り品の出店、たのしそうなワークショップもいっぱいでした。

 

また出店したいなぁ。

 

 

2022/11/10 宮城県立船岡支援学校 人形劇上演

1日がはじまります。

 

11月10日 船岡支援学校の小学部で人形劇を上演してきました。

体育館で舞台を立て、会場を準備していただきました。

 

生徒さんが主に座るのは、パイプ椅子?ではありません。

パイプ椅子の横の空間に、車いすなどで並びます。

パイプ椅子には先生が座ります。

生徒さんによっては、床に座ってお子さんと視線を同じにしている先生もいらっしゃいました。

劇中の歌に手拍子をくれたり、たくさんの笑い声をくれました。

この日、学校に来れなかった、訪問学級の子や入院中の生徒さんはオンラインで参加してくれました。

オンラインで、目をぱちぱちして喜びを表現する様子も見られました。

持てる力をいっぱい出して、気持ちを表現してくれた生徒さんたちです。

 

こんな素敵な作品をいただきました。お子さんが先生と一緒に書いてくれたそうです。

字の書いてある和紙は生徒さんたちの手作りかな?

 

様々なところで、先生たちの細かい配慮がいいなぁと思った1日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文化庁令和4年度 文化芸術による子供育成推進事業 - 芸術家の派遣事業 -
東日本大震災復興支援対応>プログラム